製油工場と博物館

access Frenkel-Haus

1846から現在までの製造所の歴史は、かつての製造業の家系が経営していた2つのブラーケ城製造所にある。1806年に作られた製油工場は水車を使って運営され、たった一つの製造方法として今も完全に保存されている。1831年から現存する旧製材所では、城内製造所の仕組みと歴史についての展示が連なる。エネルギー(植物油・石油・ガス・電気)生産と利用、フラッハ家の暮らしぶりと製造業者ヴェトマイヤー家の功績、中でも特に2度の世界大戦での体験が、はっきり明らかにされている。