旧ハンザ都市 レムゴ ―

town hall

800年以上の歴史を持つレムゴは、かつてのリッペ侯国の精神を宿した43000人の市民が暮らし、ノルトライン=ヴェストファーレン州に広がるトイトブルグの森から東に15kmほどのところに位置します。 

ハンザ都市時代から、レムゴは活気にあふれていました。水曜と土曜に中央広場で開催される市場では、当時のにぎわいが今もなお保たれています。 

「石畳みの広間」とも呼ばれる中央広場は、時には出会いの場や文化発祥の舞台にもなります。例えば、夏休み中は「夏の集い」という屋外イベントがあり、町は人であふれます。 

12月の第1木曜日に、毎年恒例のハイライト行事:「クレッシェン」が始まります。クレッシェンとは市内やレーゲンス門広場に移動遊園地や屋台が並ぶ大規模なお祭りで、レムゴ中の人々に親しまれ、愛されています。 

スポーツ好きの方にはレムゴはおなじみでしょう。この小さな街を高い能力で有名にした立役者は、ハンドボールチームの「TBVレムゴ」です。競輪のような他の競技でも、レムゴは地域を越えて第一線で活動しています。 

地域活動は多岐に渡ります。参加したり活動したりする事は、レムゴの人々にとっては当たり前の事なのです。

若者や、リッペ・ヘクスターの大学生は、華やかな音楽バンドやイベントで、レムゴを更に活気立たせてくれます。 

文化に興味がある方には、レムゴにある多くの美術館、様々な催し、コンサート、劇団『Stattgespräch』による朗読会などにも、足を伸ばしてはいかがでしょう。

 

・ツーリスト・インフォメーション/レムゴ・インフォメーション

レムゴの情報は、ツーリスト・インフォメーションで入手できます。レムゴでのお買いもの、宿泊施設、レストラン、ハイキングなど、目的に応じてスタッフがアドバイスいたします。他にも様々なパンフレットや市内地図もご用意しています。